大阪でヒッチハイクするなら吹田SAがおすすめ!絶対成功するコツを伝授

こんにちは、しょうです。

19歳の時にヒッチハイクを初めて、現在までの合計のヒッチハイクの台数は100台を超えました。

人見知りの自分がどのようなコツでヒッチハイクできたかをお伝えできればと思います。

ヒッチハイクとは?

A hooded hitchhiker with a backpack extending his thumb on the side of an empty road

ヒッチハイク(英語: Hitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。 この方法で旅することをヒッチハイキング(Hitchhiking)、旅行者はヒッチハイカー(Hitch hiker)と呼ばれる。ーwikipedia

ヒッチハイクをするメリット

⒈交通費が浮く

これはヒッチハイクをしていて、わかるのですが長距離移動では中々交通費かかります。例えば大阪から東京でも新幹線や飛行機を利用すれば1万以上はかかります。その点ヒッチハイクではタダなのでかなり節約になります。

大学生でお金がなく旅行ができないと思っている方は是非ヒッチハイクで交通費を浮かしてください!

お金がなくても工夫すれば旅行も全然できます。

⒉コミュニケーション能力が上がる

ぼく自身元々と人と会話するのが苦手で何話していいかわかりませんでした。

しかし、ヒッチハイクをしていると様々な人達と接する機会が数多く存在します。

自然と話も盛り上がったりして自然と会話が生まれてきます。

⒊普段では絶対出会わな人達と出会える

ぼくが、ヒッチハイクをしていて、1番面白いのがこれです。普段日常で生活をしていたら出会わない人達です。

ぼく自身が今まで出会った人達を例に上げると、社長、会社員、フリーランス、トラックのおっちゃん、夫婦、家族連れなど

今まで人生においてのバックグラウンドも違うのですごく新鮮でした。

ヒッチハイクのデメリット

⒈時間通りに着かない

新幹線や飛行機では時間通りに出発して到着するのが当たり前です。しかし、ヒッチハイクでは時間通りには絶対着かないです。

1台だけで目的地に行ければ話は別なのですがほとんどの場合は車を乗り継ぐので、車を待つ時間なども加算されます。

だいたい普通にヒッチハイクをせずに行く時間の2倍の時間がかかる事を意識してもら得れば大丈夫だと思います。時間通りに着かないのはデメリットに感じる。

⒉会話が続かない時がある

最初の頃は何話せばいいかわかりませんでした。会話が沈黙になったり、あとはこっちから色々と会話を繋げようとすると受け答えが「はい」「いいえ」などの人も中にはいます。

普通に交通機関を利用していれば、それほど深く考えないかもしれないがヒッチハイクではほとんど車内で話たりするので始めの方は慣れるのに時間がかかると思います。

⒊行き先と違う場所に行ってる時がある

ぼくは、あまりそんな経験がないのですが、高速道路や普段の慣れない道でヒッチハイクをしてるとその場所の土地勘もわからないのでマップは絶対持っとくのが必須です。

乗せて貰ったらマップを確認して、しっかり運転手の方にこの方面に行きたいと絶対に相談して決めましょう。

相談せずにしてると全然違う方向に行ってる事もあります。

ヒッチハイクやる場所とポイント

ヒッチハイクは大きく分けて⒉つのパターンに分かれます。

下道で始めるか高速道路でやるか2つのやり方で分かれます。

ぼく、自身の経験上では下道はかなり時間が掛かってしまいます。長距離移動が多い中で下道でしていたら時間がかなり掛かるのでインターチェンジ前やサービスエリアで始めると成功の確率は上がります。

サービスエリアは徒歩で入れる場所が全国にあります。僕は大阪出身なので吹田SAでいつもやります。

吹田SAは車の台数も多く乘せてもらえる確率がかなり上がります。

ヒッチハイク車の止め方のポイント

サービスエリアでやるポイントはトイレ前がかなりおすすめです。よくサービスエリアでヒッチハイクをしている人達を見てると出口辺りでしている人達がいるんですがあそこも悪くないんですがトイレが断然おすすめです。

トイレ前はまずは声をかけて貰いやすいので出口だとそれがないのでトイレ前がかなりの確率で成功します。

持ち物

・マジック

・スケッチブックまたはダンボール

・高速道路のマップ

ヒッチハイクも持ち物については、以下の3つになります。

持ち物を忘れてもサービスエリアの売店でダンボールとペンは借りれるので大丈夫。

持ち物がなくてもヒッチハイクはできます。

まとめ

ヒッチハイクを通して沢山の人との出会いと経験ができました。初めは乘せてもらえるか不安だと思うし、周りの目線を気にしたりすると思いますが1回勇気振り絞ってやれば案外ハマって楽しいです。

人見知りのぼくでもできたので以外と誰でもできると思います。

精神的にも強いメンタルがつくのでおすすめ。

ぼくもこれまで90台以上の車に乘せてもらいました。

普段の日常生活では出会えない人達とも沢山出会う事ができすごくいいです。

ヒッチハイクやりたいけど迷っている方は、迷ったら間違いなく挑戦するべきだと思います。

1回して見れば、あとは何回もやれば自然とコツを掴んできます。

もし、大阪でヒッチハイクするなら吹田SAでやるのをおすすめします。

この記事を読んでヒッチハイク興味持った方は是非挑戦してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

大学休学→大学編入→通信制大学4年 大学在学時代は人見知りを治すため、イベント企画の運営など、ヒッチハイク100回したりしました。大学2年生の時にソフトボール部で全国大会出場。 現在は職業訓練校でプログラミングと通信大学ではWEBについて勉強中。